2017年のバラ園の公開は終了いたしました。

現在の当主の妻が二十年あまり前に趣味からスタートしたバラ園。今では毎年400株以上の花を咲かせる壮大なスケールのバラ園となりました。
バラだけでなく、春から秋にかけていつも美しい花々を楽しめるようにと、イングリッシュガーデンをまねて様々な花が植えられております。花壇やアーチのデザインは本人が楽しみながら設計し、毎年趣向の違った花園をお楽しみいただけます。むせかえる香りの中、毎年大勢のお客様に喜んでいただいております。

今年は5月20日土曜日から6月18日まで、午前10時から午後4時まで開催いたしております。

バラ園だけでなく、弁天潟に面した日本庭園や、国の登録有形文化財に指定されている建物、120歳を超える大きな松や楠の木、こうした樹木もお楽しみください。

敷地には九代目とその家族が住んでおり、普通の一般宅です。年間を通して開園されている文化財ではありませんので、そうした観点からご覧いただければありがたく思います。